I AM THALENTE

I AM THALENTE

  • I AM THALENTE

    I AM THALENTE

    BAY THEATRE 5.26(SAT) 16:00

    タレント・ビエラは18歳の誕生日を目前に、“大人になったら”何になりたいか決断の時を迎えていた。
    9歳で家を飛び出しホームレスとなり、南アフリカのスケートパークで暮らしてきた。読み書きもできない彼には明るい未来を描くことは難しかった。

    8歳の時、初めて手にしたスケートボードが、彼に混乱した家庭からの逃げ場と自分自身を表現する手段を与えてくれた。
    そして仲間に出会う道を示し、彼らとファミリーを作らせてくれた。それ以降、スケートボードは彼の人生の原動力となり、ダーバンの路上で暮らす彼の尊厳を守ってくれた。

    彼のスケートボーディングをビデオで見たプロスケーターのケニー・アンダーソンが、彼に援助を申し出た。ただし、自分でアメリカに来ることができるならという条件だ。映画では、ストリートからアメリカのプロスケートボーディング界への彼の旅を追いかけた。

    タレントは、自分を取り巻く環境から抜け出し、自分の将来を築くために、全身全霊を傾けた。それは自分の未来を勝ち取るための戦いだった。スケートボードファンだけでなくすべての人に贈るメッセージが彼の生き様に込められている。

    フィルムメーカーのナタリー・ジョンズは、ジンバブエで生まれ南アフリカで育った。音楽向けの映像制作を目指しフィルムスクールに進んだが、ドキュメンタリー映画に興味を持つようになる。ベトナム戦争や南アフリカのアパルトヘイトを終わらせたジャーナリストたちの話を知ったことがきっかけだ。ロンドンでライブ・ミュージックのTV番組やドキュメンタリーフィルム制作でキャリアをスタートさせ、その経験からフィルムによって観客と体験を共有し、ストーリーを届けたいという気持ち持つようになる。
    自分の作品を通して観客が何かに気づく、あるいはお互いを理解する助けとなることを願っている。彼女は“体験”を大切にし、全てのストーリーに人間性を重視している。フィルムという媒体を使い、我々の人間性を探り変化を求めていると言えるだろう。

    監督:ナタリー・ジョンズ
    キャスト:タレント・ビエラ、トニー・ホーク、ケニー・アンダーソン 、ナタリー・ジョンズ、タミー・リー・スミス、シルサ・シェキム、コリン・ケネディ、シズウェ、ガイ・マリアーノ、マーク・ジョンソン、ジャスティン・エルドリッジ、フェリペ・グスタヴォ、トム・アスタ、ランス・マウンテン